マンション管理士

マンション管理士とは、マンションに関する専門的な知識などを見につけたうえで管理組合を運営したり、マンションの建物の管理などを行ったり、相談を受けたりアドバイスをするという仕事をする人のことを言います。マンションが増えている現在、マンション管理士の需要はかなり増えているといわれており、マンション管理士になりたいと思っている人も多いのではないでしょうか。
マンション管理士になりたいと思っている人は国家試験のマンション管理士試験を受験して試験に合格した人しか取得することが出来ません。合格後はマンション管理士として登録して初めてマンション管理士として仕事をすることができます。
マンション管理士試験を実施している都道府県は札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡、那覇の8都市になっています。一年に一回だけ実施されていますが合格率はそれほど高くなく難しい資格になっていますからマンション管理士になった人は引っ張りだこではないでしょうか。マンション管理士の資格が出来たのはまだ最近のことで2001年に新しくできた国家資格です。合格率は7パーセント前後ですから火アック的に低いと言ってもいいと思います。
マンション管理士資格を取得した後には、マンション管理業務全般を行うことができます。今マンションの分譲数はとても増えていますからこれからもっともっと重要が増える資格ではないでしょうか。マンション管理士は人気の資格の一つです。